優れた美容効果が期待できることから、大きな注目を集めている「ビタミン」。
とはいえ、ビタミンがなぜいいのか、何種類くらいあるのか、正直詳しくよく知らない、という人も多いのではないでしょうか。
今回は、知っているようで知らないビタミンについてご紹介していきます。


ビタミンって何?

ビタミンとは、体の健康を維持するために必須な栄養素で、三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)以外の有機化合物の総称です。
ミネラルと並んで、微量でもその役割はとても重要で、ヒトの体内で三大栄養素の代謝を助ける、いわば“潤滑油”のような働きをしています。

ビタミンの種類は全部で13種類。水や油への溶けやすさで水溶性と脂溶性に大別されます。
水溶性ビタミンは全部で9種類あり、過剰な分は尿に溶けて排泄されるため、少量をこまめに摂取することがポイントです。
脂溶性ビタミンは全部で4種類あり、油と一緒に摂取すると吸収が良くなります。


■水溶性ビタミン(9種類)
ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン、ビタミンC

■脂溶性ビタミン(4種類)
ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK


なぜビタミンが必要なの?

人の身体と密接な関係を持つビタミン。
そもそも、私たちはなぜビタミンを摂る必要があるのでしょうか? 

それは、ビタミンが私たちが生きていくうえで体の機能を正常に維持するために必要な栄養素であるにも関わらず、体の中で生成することができない、あるいは十分な量をつくりだすことができないため。

しかし、今の自分にビタミンが足りているのか不足しているのか、気づきにくいですよね。

ビタミンと肌との関係はひろく知られていますが、肌が荒れたり、ニキビができやすくなったり、なんだか肌がくすんできた、、と感じた時はビタミン不足のサインかもしれません!


ビタミンを塗って効果あるの?

ビタミンの摂取方法は、「飲む/食べる」「塗る」の2種類。

不足しているビタミンがある場合は、それを多く含む食品を意識的に食事のメニューに取り入れたり、食事だけではどうしても補いきれないビタミンはサプリメントなどを利用して摂取したりするのも有効的な方法のひとつです。

しかし、口から摂取したビタミンは体内のあらゆる部分で消費されてしまい、体の最も外側である皮膚まで十分に行き渡りません。

実は、効率よく肌へビタミン補給をするなら、「塗る」のが効果的!

実際に、多くのボディケア、スキンケア製品をはじめ、メイクやヘアケア製品にもよく使用されています。美肌を目指すためには、肌に直接塗布してダイレクトに届けてあげることが大切なのです。


6種類のビタミンを配合!

アジュバン ボディコートには、13種類のビタミンのうち、約半数の6種類のビタミンを配合!
お風呂あがりタオルドライ直後の温かく、まだ湿った状態に塗布するのがおすすめです。
うるおいのヴェールで包み込み、みずみずしい肌へ導きます。

・ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカンサンアスコルビル)*1
・ビタミンA(パルミチン酸レチノール)*1
・ビタミンE(トコフェロール)*1
・ビタミンB2(リボフラビン酪酸)*2
・ビタミンB6(ピリドキシン)*3
・ビタミンB12(シアノコバラミン)*3

*1 製品の抗酸化剤 *2 着色剤 *3 保湿剤


\BODY COAT についての記事はコチラから/

ADJUVANT

BODY COAT

アジュバン ボディコート​ [保湿用マッサージジェル]
200g ¥3,850(税込) 600g(業務用) ¥-

うるおいと向き合う、リラックスタイムを

保湿成分のヴェールで包み込み、みずみずしい肌へ。
乾燥が気になるときやお風呂上がりなど、いつでもケア。

正規取扱店